読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢幡洋の精神医学と心理学

学術的なことをかみ砕いたり、日常生活にお役に立てる知識まで幅広く扱います。これまで出した本の初期稿(出版されたものより情報量は多いです)や未発表原稿を連載しますので、何かしら新しい記事があります。本ブログは他にあり、読み切り本気記事はタイトル・サブタイトルが「|」の形で更新情報をお伝えします

「元の世界に戻して」被虐待児は何とか不登校を乗り越えるが、生まれてきた子供には発達障害の兆候が・・・この部分は9月14日までネット上で無料立ち読みできます!
もし元不登校児の娘が自閉症だったら
「ママなんか死んじゃえ」衝撃の著者家族ノンフィクション! 

性格タイプ 014反社会性 14シーン3、密会はスリルがあったが、ベッドでのAは・・・

シーン3、密会はスリルがあったが、ベッドでのAは・・・

 B子はすっかりAに夢中になってしまっていた。勤務時間中に制服のうちポケ

ットに忍ばせている携帯にそっと手をやる。1回鳴らせば30分後、2回鳴らせ

ば1時間後、3回鳴らせば1時間半後−その頃に郵便局や銀行に向かう通りをゆ

っくりと歩いている、という合図なのだ。同じく内ポケットに忍ばせたAの携帯

にそのメッセージが届くという仕掛けになっているのだ。Aの方は音の出ないバ

イブで着信する設定にしてあるので、営業活動中でも困ることは無い。また、1

日に一度は同じやり方でAから携帯がかかってバイブが鳴れば、「30分後にい

つもの通り沿いに車を走らせてくる」という合図なのである。B子が郵便局や銀

行にゆく所用を一度に済ませてしまわないように1日に3回は出るように用事を

分散していても、うまくタイミングがあってAがB子が路上を歩いているところ

を見つけて車を脇につけて声をかけてくれる、ということが実現するのは1日に

一度あるかないかなのだが。

 最初は「勤務時間中なのに・・・」という後ろめたさがあったが、最近では、

主任ににらまれない範囲の時間で市内をAと何周できるかがすっかり楽しみにな

っていた。

 Aの運転は実に荒々しい。前の車がちょっと発進をもたもたしていると「何ト

ロトロしてるんだよっ」などと腹を立てたようにつぶやいてすぐにクラクション

を鳴らす。怒りの蓄積前の車を追い越すのが大好きで追い越し禁止のところでい

きなりハンドルを切って車と車の間の狭い間に割り込んで行く。

 Aの運転ぶりは大胆不敵極まりない。危ない運転を楽しんでいるかのようだ。

大胆最初は怖かったが、B子はしだいにそれをスリルを味わうことを楽しいと思

うようになっていた。

 B子は元来は安全確実志向、規則といえば何でもその通りに守らなければなら

ないもの、と思ってしまう方であったから、Aの冒険的な行動パターンはひどく

刺激的であった。「ああ、これが『男』というものなのね」とB子はすっかり

『ワルの魅力』の虜になってしまっている。Aの存在によって自分が変わってい

くのがはっきり感じるとぞくぞくしてくる。

 Aは、勇敢な男らしい男―B子はもうすっかりに夢中になってしまっていた。

ちょっとぎくしゃくしかかっていたD男とのつきあいはとっくのとうに自然消滅。