読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢幡洋の精神医学と心理学

学術的なことをかみ砕いたり、日常生活にお役に立てる知識まで幅広く扱います。これまで出した本の初期稿(出版されたものより情報量は多いです)や未発表原稿を連載しますので、何かしら新しい記事があります。本ブログは他にあり、読み切り本気記事はタイトル・サブタイトルが「|」の形で更新情報をお伝えします

「元の世界に戻して」被虐待児は何とか不登校を乗り越えるが、生まれてきた子供には発達障害の兆候が・・・この部分は9月14日までネット上で無料立ち読みできます!
もし元不登校児の娘が自閉症だったら
「ママなんか死んじゃえ」衝撃の著者家族ノンフィクション! 

性格タイプ 007反社会性 07シーン2.Aの生い立ち−俺は社会のはぐれ者

シーン2.Aの生い立ち−俺は社会のはぐれ者

 Aの両親はいわゆる「できちゃった結婚」でAを妊娠したために大学を卒業す

るかしないかぐらいのまだまだ遊びたい年齢て仕方なく結婚した、という夫婦で

あった。

 まだまだ遊び足りなかったAの父親はAが生まれた後にも家庭を全くかえりみ

ず、毎晩「仕事上の付き合いだ」と称しては12時を過ぎてから帰ってくるので

あった。しかし、本当は、Aの父親は結婚指輪を外して危ない火遊びを繰り返し

ているようだった。親となるにはまだ未熟過ぎた二人はろくに将来展望や育児計

画も立てずにAを頭に毎年子供が生まれた。

 子供が生まれてもAの父親の行動は全く改善されなかった。父親としての責任

を感じるどころか幼い子供達をうるさがって土曜・日曜まで朝から「接待ゴル

フ」と言って家を出ていってしまうのであった。家庭を顧みない父親

 Aの父親は世間なみの給料をもらっていたが、自分の遊びのために金をたくさ

ん使ってしまうのでAの母親は内職をして生活費の足しにしなければならなかっ

た。母親の方は父親ほど遊び好きと言うわけではなかったが、父親が外で実は浮

気をしているのではないかということでいつも頭が1杯であった。「会社の接

待」と言いながら、背広の内ポケットからは風俗店とおぼしき店の地図がついた

マッチや名刺などがよく出てきたからである。母親はこうしたチェックに夢中に

なっていた。

 夫の素行チェックに内職に加え、その上、Aの下にはそれぞれ1歳違いで弟が

生まれており、母親はAに対してほとんど関心を向けなかった親の無関心のであ

る。Aは母親からはほとんどほったらかしに近い扱いを受けた。たまに、下の子

供たちの世話で疲れた母親がAにヒステリックな怒りを爆発させた。一貫性のな

い養育

 母親が手が回らなかったという事情だけではなく、Aが放任されたのは、物心

ついたころからほとんど親をあてにしようとしない子供だったからでもある。A

は甘えない子供であった。幼児期の頃から、ひとりで遊ぶのが好きであまり他の

子どもたちとは遊びたがらなかった。なんでも自分ひとりで好きなようにできる

ような遊びを好んだのである。過度の自立性多少自分の思い通りにならないとす

ぐに短気を起こすところがある、と幼稚園では言われたが特に目立つところはな

かった。