読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢幡洋の精神医学と心理学

学術的なことをかみ砕いたり、日常生活にお役に立てる知識まで幅広く扱います。これまで出した本の初期稿(出版されたものより情報量は多いです)や未発表原稿を連載しますので、何かしら新しい記事があります。本ブログは他にあり、読み切り本気記事はタイトル・サブタイトルが「|」の形で更新情報をお伝えします

「元の世界に戻して」被虐待児は何とか不登校を乗り越えるが、生まれてきた子供には発達障害の兆候が・・・この部分は9月14日までネット上で無料立ち読みできます!
もし元不登校児の娘が自閉症だったら
「ママなんか死んじゃえ」衝撃の著者家族ノンフィクション! 

野々村竜太郎氏の刑事告発を検討 兵庫の市民団体【号泣県議】はてなブックマークメール:

野々村竜太郎氏の刑事告発を検討 兵庫の市民団体【号泣県議】

http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/09/nonomura-kokuhatsu_n_5569542.html

不自然な日帰り出張が問題になっている野々村竜太郎・兵庫県議に対して、兵庫県内の市民団体が詐欺容疑での刑事告発を検討していることが判明した。毎日新聞が7月8日に報じた。野々村竜太郎・兵庫県議(47)=無所属、西宮市選出=が政務活動費で不自然な支出を繰り返していた問題で、県内の市民オンブズ3団体は8日、野々村県議に政活費の不正支出分を返還させるよう県知事に求める住民監査請求を共同で行う方針を決めた。刑事告発も検討している。 (毎日新聞「号泣県議:兵庫の市民3団体が監査請求へ 刑事告発も検討」より 2014/07/08 22:32)刑事告発を検討しているのは神戸市の「市民オンブズマン兵庫」、西宮市の「市民オンブズ西宮」、尼崎市の「市民オンブズ尼崎」の3団体。まずは情報公開制度を使って領収書の写しなど関係資料の収集と分析を進め、不正な支出を特定する方針だ。住民監査請求を共同で行った上で、詐欺容疑などでの刑事告発も検討しているという。スポニチは「架空の出張であれば詐欺の要件は満たしている」という専門家のコメントを紹介している。元東京地検公安部長の若狭勝弁護士は、「架空�

<operaemail:/mail_6268/39709638.html>