読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢幡洋の精神医学と心理学

学術的なことをかみ砕いたり、日常生活にお役に立てる知識まで幅広く扱います。これまで出した本の初期稿(出版されたものより情報量は多いです)や未発表原稿を連載しますので、何かしら新しい記事があります。本ブログは他にあり、読み切り本気記事はタイトル・サブタイトルが「|」の形で更新情報をお伝えします

「元の世界に戻して」被虐待児は何とか不登校を乗り越えるが、生まれてきた子供には発達障害の兆候が・・・この部分は9月14日までネット上で無料立ち読みできます!
もし元不登校児の娘が自閉症だったら
「ママなんか死んじゃえ」衝撃の著者家族ノンフィクション! 

性格タイプ 009反社会性 09復讐心

復讐心

 Aは、ロックグループのファンクラブを通して知り合いになった同世代の女子

高生と何度か性交渉を持った。だが、Aはセックス以外のことに関しては女生徒

との交際を余り面白いとは思わなかった。Aには、同年輩の女の子たちの学校の

話だの、自分の親の悪口などが限りなくくだらないものにしか思えなかった親密

な人間関係の欠如。Aたちのグループの中では女性は「女ども」と呼ばれており

軽蔑の対象だった。

 だが、高校を卒業してこのグループも散り散りになってしまった。大学受験に

失敗したAはとりあえず浪人することにした。

 ところが、浪人して生まれて初めてまともに勉強してみたところ、成績が面白

いように上がっていったのである。

 Aは、成功のおぼつかないロックミュージシャンの夢は捨てて新たに発見した

この自分の能力の方にかけてみることにした。1年後に、Aはその地域では底辺

校とさえ言われていた高校からは普通は入学者が出るはずもない有名大学への進

学を果たすことができた。

  大学に入ってからは、Aはよく勉強した。Aには、「自分を待っていると信

じていたつまらない人生を抜け出すための確実な手段が勉強である」とわきまえ

ていた。だが、「そのうち、有名ロックバンドになって、オレたちを見下してい

た学校の先公どもをあっと言わせてやる」という「いつかビッグになってやる」

という思春期の思いは継続しており、「会社に入っても、普通では絶対に終わら

せない。絶対に、今までオレを馬鹿にしてきた奴らを見返してやる」という決意

を胸に秘めていた。

 さて、Aは大学卒業後。大手企業に入社し営業部に配属された。入社後1年た

たないうちに彼はめざましい売り上げ成績をあげた。