読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢幡洋の精神医学と心理学

学術的なことをかみ砕いたり、日常生活にお役に立てる知識まで幅広く扱います。これまで出した本の初期稿(出版されたものより情報量は多いです)や未発表原稿を連載しますので、何かしら新しい記事があります。本ブログは他にあり、読み切り本気記事はタイトル・サブタイトルが「|」の形で更新情報をお伝えします

「元の世界に戻して」被虐待児は何とか不登校を乗り越えるが、生まれてきた子供には発達障害の兆候が・・・この部分は9月14日までネット上で無料立ち読みできます!
もし元不登校児の娘が自閉症だったら
「ママなんか死んじゃえ」衝撃の著者家族ノンフィクション! 

はてなブックマークメール: 取材自粛申し入れについて|野々村竜太郎オフィシャルブログ Powered by Ameba

取材自粛申し入れについて|野々村竜太郎オフィシャルブログ Powered by Ameba

http://ameblo.jp/nonomuraryutaroblog/entry-11890137330.html

野々村竜太郎オフィシャルブログ Powered by Ameba

取材自粛申し入れについて 2014年07月07日(月) 12時00分00秒NEW ! テーマ:その他 平成26年7月7日 報道機関各位 兵庫県議会議員 野々村 竜太郎 取材自粛申し入れについて  さて、6月30日におけるサンテレビ橋本陽子記者他男性記者・カメラマン計3名による自宅周辺まで押しかけてのアポなし無許可録音録画取材等を受け、7月1日記者会見を行い、出席された全ての記者の質問に対して、3時間以上にも及ぶ時間のなかで全てお答えし、質問が出尽くしたのを確認しましたので、以後の取材は一切受けない旨表明したところでありますが、2日午前7時30分頃、記者会見に出席したテレビ局に所属していると思われる男性記者1名による自宅まで押し寄せてのアポなし無許可録画取材等約束違反があり、心身ともに疲れ果てて不安で一杯で、私本人はもとより、家族や親族にまで取材が過熱する恐れがあり、知人や友人をはじめ、近隣にお住まいの方々にまでご迷惑が及び大変心苦しく思っています。

yahatayo

報道被害を2件挙げ迷惑ぶりを強調するだけで、それを招いた自分の行動に対する謝罪は一切なし。相手の行動の問題を挙げて牽制しようとする。釈明会見の冒頭と同様で、攻撃性を秘めた人とみた。

<operaemail:/mail_5356/29135991.html>