矢幡洋の精神医学と心理学

学術的なことをかみ砕いたり、日常生活にお役に立てる知識まで幅広く扱います。これまで出した本の初期稿(出版されたものより情報量は多いです)や未発表原稿を連載しますので、何かしら新しい記事があります。本ブログは他にあり、読み切り本気記事はタイトル・サブタイトルが「|」の形で更新情報をお伝えします

「元の世界に戻して」被虐待児は何とか不登校を乗り越えるが、生まれてきた子供には発達障害の兆候が・・・この部分は9月14日までネット上で無料立ち読みできます!
もし元不登校児の娘が自閉症だったら
「ママなんか死んじゃえ」衝撃の著者家族ノンフィクション! 

2016-02-28から1日間の記事一覧

クレペリンの最も大きな業績

クレペリンの最も大きな業績は統合失調症と気分障害の2つの疾患単位を確立した事です。彼は精神病の原因を脳や遺伝等、まだ未解明なものと考えていたためこの2つを内因性としました。彼は、フロイトの精神分析学で原因を説明できるという主張に批判 pic.tw…